オンラインショップの経営

意外と簡単に出来る本格的なオンラインショップ

決済サービスの導入は面倒なのでは、とお考えのウェブショップ経営者もいるかと思いますが、実は非常に簡単です。決済サービスを提供している業者から発行されるHTMLソースをウェブページのHTML文書にコピー&ペーストするだけで、本格的なオンラインショップが完成します。プログラムの知識も必要ありません。当然、高度なセキュリティが導入されていますので安心です。決済サービスの運用コストは、基本的には売上金額に対して数%の手数料となります。また、他に初期費用や月額手数料がかかる場合もあります。 決済サービスは複数社のクレジット決済をはじめコンビニ決済やネット銀行決済などにも対応しており、面倒な代金回収をシステマティックに行なえるので売上や入金管理が容易になります。こうように、決済サービスはウェブショップの強い味方なのです。

決済サービスは売上を伸ばすツール

自分が経営するショップをウェブサイトで紹介する人が多くなりました。店舗の外観や店内の様子、販売している商品などの写真を並べて盛んにアピールしています。しかし、気に入ったものを見つけていざ購入したいと思ったときに、メールやファックスだけでしか注文出来ないと、ついつい面倒になり注文を諦めてしまい他を探すケースがよくあります。事実、希望の決済手段がないショップでは購入しない人が7割以上と言う調査結果もあるほどです。 そんな機会損失を発生させないためにも、買い物カート機能やクレジット決済機能などのサービスを充実させたオンラインショップを構築したいものです。お客様に何の手間もかけさせないでウェブページだけで買い物が完結する決済サービスは、今や当たり前になっています。決済サービスは売上を伸ばす意味でも必要不可欠なツールなのです。