進化を続けるレジ

スーパーなどで見ることが多いレジですが、レジの機能は年々進化を続けており、ネットワークに繋げながらリアルタイムの情報を把握することが出来るようになっています。統計学ソフトをインストールする店舗も増えています。

詳細はコチラ

カードの決済

現金を出すこと無く気軽に買い物をすることができるクレジットカードを利用する人が増えています。クレジットカード決済を利用するために必要なものは何か把握しながら導入することが大切です。

詳細はコチラ

オンラインショップの経営

オンラインショップは誰でも簡単に始めることができます。料金の決済サービスを提供している業者を利用することによって簡単にオンラインショップを立ち上げることができます。

詳細はコチラ

重要なシステム

クレジットの決済サービスでおすすめの:テレコムクレジット

レジとネットワークセキュリティについて

複数の店舗を有する小売り店などのキャッシュレジスターはPOSと呼ばれるネットワークシステムによって結ばれており、レジスターで会計処理されたデータを一括管理するといったことが行われています。しかし、以前は専用回線によってネットワーク化されていたものが近年では、安価なインターネットが使われる傾向にあります。またPOSの多機能化により独自のOSから既存のパソコンなどで使われるOSが採用されるなど、パソコン化が進んでいます。このインターネットとパソコン化による弊害として、ウイルスや不正アクセスといったものが容易に行われるようになっており、近年ではレジのネットワークセキュリティの重要性が高まってきています。

セキュリティを導入するためには

レジのネットワークセキュリティを導入する方法はいくつかあります。ソフトウェア側でネットワークセキュリティを強化する場合もありますが、複数のレジスターやパソコンを同時にセキュリティー強化するのには、やや費用やコストが掛かりますし、時間も必要であり迅速性が求められるネットワークセキュリティには不向きです。そこで近年、注目されているのが専用の端末をネットワーク上に設置するというものです。これによりその端末を通る通信がチェックされ不正アクセスや不審な挙動を感知してブロックするといった機能を持たせて、情報流出を防ぐことができます。また近年は配線を省略するために無線化される傾向にありますが、無線通信に対するネットワークセキュリティも合わせて強化できるようになっています。